事故は専門家に相談してスムーズに解決出来ます。

お金の悩みを解決

法律の本

 最初から踏み倒すつもりでお金を借りる人はまずいません。ほとんどの人は、きちんと返済できるあてがあるからこそ借金をするわけですが、借金をした後で事情が大きく変わってしまうことがしばしばあります。たとえば、勤めている会社が突然倒産していまい収入を得る道を閉ざされてしまったり、病気になって働けなくなってしまうようなことがあります。どう頑張ってみても借金を返済することができそうにない場合は、なるべく早く弁護士などの専門家に相談して、債務整理の手続きを取ってもらうようにするとよいです。債権者からの執拗な督促電話に悩まされて夜逃げしてしまおうかと考える人もいますが、夜逃げしても借金から逃れられるわけではありません。でも、債務整理を行えば、合法的に借金の苦しみから解放されることができます。

 債務整理と聞くと、過払い金返還請求のことを連想する人が多いです。最近は、債務整理を行えば過払い金を取り戻せる可能性があるということを宣伝する法律事務所や司法書士事務所がたくさん存在しています。過払い金は、債務整理の一種である任意整理を行う過程で発生する可能性のある金銭です。本来、任意整理を行えば必ず過払い金が発生するようなものではありません。あれは、貸金業法が改正されたために、一時的に取り戻せる可能性が生じている金銭です。しかし、過払い金が発生しなかったとしても、任意整理を行えば、借金の残高を減らしてもらえる可能性がありますので、とても有利な方法であることは確かです。債務整理には、任意整理以外に民事再生や特定調停、自己破産などの方法があります。どの方法にもメリットとデメリットがありますので、弁護士などによく相談してみることをおすすめします。